自宅をリースバックして事業資金を調達したK様

会社の資金繰りが悪化して継続危機に → 社長の自宅をリースバックして資金調達

リースバック前の状況

ご自身で立ち上げた会社を経営されていたK様は、資金繰りに行き詰り会社を閉じることを検討されていました。

しかし、資金繰りが厳しくなってしまったものの仕事の受注自体は少しずつ増えており、諦めたくない気持ちも強かったと言います。

問題となっていたのは仕事を受注をしてから、業務を完了させて売上が入金するまでの期間でした。
仕事が増えても受注してから入金まで平均で1年近くかかるため、それまでの資金繰りが厳しく、従業員の給与などの固定費が賄えない状況だったそうです。

金融機関に運営資金の融資を打診しましてが、過去2年間の赤字決算が響いて融資を断られてしまったそうです。

どうしても事業の継続を諦められなかったK様は、ご自宅の売却して資金を調達することも考えたそうですが、奥様のどうしてもこの家を残したいという要望もあって踏み切れなかったそうです。

そのような状況で思い悩んでいた時にリースバックのことを知り、これなら家を残したまま資金調達ができると考え当社にご相談いただきました。

 

当社のサポート内容と結果

当社にご相談いただき、早速査定をさせていただいたところリースバックで2600万円、家賃15万円という結果でした。

住宅ローンがまだ1500万円残っていたため、これと諸費用を差し引いて約1000万円の調達が可能となり、K様にご提案して承諾をいただきました。

翌月には従業員への給与や取引先への支払いが遅延してしまうという状況でしたので、急いで契約や手続きをまとめ、何とか支払期日までに間に合わせることができました。

ひとまず当面の運営資金を確保して危機を脱したK様の会社は、その後仕事も順調に増えているそうで、10年以内に自宅を買い戻すことを目標に事業を継続されています。

 

感想

会社の資金が枯渇して、銀行に融資を断られた時はもう会社を閉じるしかないのかと諦めかけました。でも仕事は少しずつ増えていたので、どうしても決心がつきませんでした。仕事の特性上、どうしても依頼を受けてから実際にお金が入ってくるまでに1年近くかかるので、もう1年耐えるための資金さえ確保できればという想いでした。自宅を売ってしまうことも考えましたが、家族に迷惑をかけるわけにもいかず、悩んでいるうちに本当にギリギリのところまで来てしまいました。そんなタイミングでリースバックという方法があることを知り、これに賭けようと思いました。資金ショートギリギリでしたが、その事情も察して相談してから契約まで迅速に対応してくださり、何とか間に合わせることができました。リースバックした資金で当面の運営費を確保できたので、もう一度軌道に乗せて必ず家を買い戻したいと思います。

解説

今回のK様のように、資金調達の手段としてもリースバックは活用できます。多くの中小企業は資金繰りに課題を抱えていると言われていますが、資金調達のために泣く泣く代表者の自宅を売却するというケースも珍しくありません。もちろん金融機関からの借入ができれば良いですが、業績が悪化している場合は融資を断られてしまうことも多いかと思います。そのようなときにリースバックであれば売却後も賃貸として住み続けることができ、将来事業が軌道に乗って余裕ができた時に買い戻していただくことも可能です。
相談事例をもっとみる
リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top