自宅の競売をリースバックで阻止したS様

住宅ローンの滞納で自宅の競売が進行 → 任意売却後にリースバックをして競売を阻止

リースバック前の状況

S様は3年前に病気で当時の仕事を続けられなくなってしまい、やむを得ず負担の少ない仕事に転職しましたが、転職に伴って給与が大幅にダウンしてしまい、住宅ローンの返済が滞ってしまいました。

少しずつ支払ってはいましたが、結局滞納がかさんでしまい、ついには自宅を競売にかけられてしまいました。

しかし、体調もだいぶ回復してきて給与の高い会社への転職も決まっていたため、なんとか競売を止めることを希望されていましたが、債権者が競売の停止を認めませんでした。

そして、なんとかこのまま住み続ける方法はないかと探していたところリースバックについて知りました。

(「リースバックとは?」詳しくはこちら>>)

当社のサポート内容と結果

当社にご相談いただいたときには転職が決まっており、収入が大幅に上がる見込みであったため、リースバックをしても十分に家賃を支払っていける状況でした。

そこで、当社で早急に債権者と交渉し、任意売却の承諾を得たうえでリースバックの買主となる投資家を探しました。任意売却について詳しくはこちら

そして、債権者が納得する金額でリースバックに応じてくれる投資家を見つけ、ぎりぎりのタイミングで競売の期限までにすべての手続きを終えることができ、競売を停止させて阻止することができました。

現在は、当時払っていた住宅ローンとほぼ同額の家賃で自宅を活用していただいています。

感想

自宅が競売にかけられてしまい、もう家から追い出されてしまうと思っていたので、リースバックができて本当に良かったです。 家賃も以前支払っていた住宅ローンとそれほど変わらないので、家計の負担も変わっていません。 体調も無事に回復して仕事も見つかったので、今後も家族とこの家で生活していきたいと思います。 (S様のインタビューはこちら>>)

解説

競売にかけられてしまうと、それを阻止することは時間との勝負になります。 また、債権者が納得できる価格で任意売却しなければなりませんので、その金額でリースバックに応じてくれる投資家を探すことが課題となります。 当社は、30社を超える投資家や不動産会社、ファンドなどと提携しておりますので、難しい条件でもリースバックができる可能性があります。最後まで諦めずにまずは一刻も早くご相談ください。
相談事例をもっとみる
リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top