投資物件やビル一棟のリースバックはできる?

「一棟ビルなどの投資用不動産のリースバックをリースバックすることはできるか?」というご相談をいただくことがあります。

リースバックは不動産を売却した後も、「そのまま住み続ける、あるいは使い続ける」ということができる仕組みであり、第三者に賃貸物件として貸していて自身では現状使っていない物件は対象になりません。

ただし、投資用不動産でもリースバックの対象となり、メリットを活かせるケースもあります。

投資用一棟マンションの1室に自宅がある場合

例えば、投資用としてアパート一棟全体を所有している場合において、そのうちの1室に自身が居住しているという場合があります。

そのようなケースにおいて、「アパートの建設時のローン返済の負担が大きい、あるいは手元に資金が欲しい」「しかし引越しはしたくない」という場合であればリースバックを活用することでご希望をかなえられる可能性があります。

上記のような場合であれば、まずアパート全体をご売却いただき売却代金を受領したうえで、現在居住している1室のみを賃貸契約を締結してそのまま居住を継続します。

物件の内容にもよりますが、アパートやマンション一棟をまるごと売却すれば相当高額な資金が手元に入ります。
一方で、賃貸契約は自身が居住する1室のみであるため、賃料は低く抑えることが可能です。

ただし、当然売却後はそれまでの家賃収入はなくなりますので、そのアパートやマンションの家賃収入のみで生計を立てていた方については注意が必要です。

リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top