保証人が必要なケース

リースバックで賃貸契約をする際に、保証人をお願いするケースがあります。

保証人には、万が一にでも借主様(=売主様)が家賃を支払えなくなってしまった場合に、代わりに家賃の負担をお願いすることになります。

貸主(=買主)の立場からすると、不動産を一度買い取って賃貸でお貸しするため、万が一でも家賃が滞ってしまうと多額の資金を支払ったのにもかかわらずその資金を回収できないというリスクが生まれてしまうからです。

保証人をお願いする可能性があるケース

・すでに住宅ローン等の滞納がある方

・家賃が10万円以上となる方

・収入が不安定な方

・家賃の保証会社の審査を通過できなかった方

これらは一例で、依頼者様の個別の状況や、実際にリースバックで不動産を購入する投資家の意向などよって、保証人の手配をお願いするかどうかはその都度変わってきます。

また、保証人が不要なケースであってもあえて保証人を付けることにより家賃が低くなる場合もあります。

 

その他の条件も含めて、できる限り依頼者様のご希望に添えるように最適な方法をご提案させていただいますので、保証人が用意できないという方もまずはご相談いただければと思います。

リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top