住宅ローンが残っている場合

住宅ローンが残っており、その返済を目的としてリースバックを行う場合は、下記のパターンに分かれます。

 売却代金で住宅ローンを完済できる場合

リースバックによる自宅の売却でローンの残高をすべて返済できる場合、通常のリースバックと同様の流れで問題なく進めることが可能です。

売却時に売却代金を住宅ローンの返済に充てて、抵当権を抹消します。
そのうえで残った資金は手元に残して自由に使うことが可能です。

 売却しても住宅ローンを完済できない場合

物件の市場価値が低く、リースバックで売却価格が住宅ローンの残額を下回ってしまう場合には、債権者である金融機関との調整が必要となり、いわゆる任意売却となります。

この場合、売却価格は債権者である金融機関が指定してきますので、その指定額と投資家の規模する買取価格の折り合いがつくかという問題が出てきます。

また、任意売却によるリースバック自体を認めない金融機関もあり、全体として難易度が高いと言えます。

ただし、当社は任意売却における豊富な実績と経験がございますので、諦めずにまずはご相談いただければと思います。

任意売却でのリースバックについて詳しくはこちら>>

住宅ローンの返済額とリースバックの家賃の兼ね合い

住宅ローンの返済の負担を軽減するためにリースバックをしても、その家賃が元々支払っていたローンの月額より高くなってしまっては意味がありません。

そこで当社では、リースバックをした場合に住宅ローンを完済できるかどうか、リースバック後の家賃は今の月々のローン返済額と比べて安くできるかどうか、無料で査定を承っております。

リースバックにより依頼者様の生活が改善できるかどうか、専門家が事前に判断いたしますので、まずはお気軽のお問い合わせください。

なお、リースバックでは依頼者様の生活の負担が軽減されないと判断した場合は、それ以外の解決策を責任をもってご提案させていただきます。

リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top