会社の資金繰りのために自宅のリースバックで資金調達したM様

事業の運営資金が枯渇 → 社長自身の自宅をリースバックして資金を捻出

リースバック前の状況

事業を営んでいたM様は、2年前に会社の主要な取引先の倒産により売上が大幅に減ってしまいました。

なんとか信頼してくれている提携企業や従業員のために会社を立て直そうと、必死になって新規開拓の営業を行い、ようやく新たな仕事も増えてきたころで資金がショートしてしまいました。

M様の事業は長期のプロジェクトが多いため、新規開拓した取引先からの仕事の依頼はあるものの、実際に売上が立つまでに1~2年かかるため、それまでの運転資金が枯渇してしまったのです。

なんとか事業を継続するために銀行へ融資を依頼しましたが、2年前から売上が減って赤字に転落していたため、追加融資断られてしまったそうです。

このままではせっかく仕事が増えてきたのに会社を存続させることができない、しかし自宅は奥様が大変気に入っていたため手放すわけにはいかないという葛藤の中で、何とか資金を捻出する方法がないか調べていた時にリースバックのことを知ったそうです。

当社のサポート内容と結果

当社にリースバックご相談をいただき、早速ご自宅の査定させていただいたところ、最近人気が上がっていた地域だったこともあり、住宅ローンの残債を返済しても十分に資金を捻出できるという結果でした。

そこで、住宅ローンの残債1000万円と事業の運営資金として必要な2000万円を足して3000万円でご売却いただき、その後リースバックで賃貸としてお貸しすることになりました。

資金が完全にショートするまで時間がなかったため緊急を要しましたが、迅速にすべての手続きを進めることでご相談いただいてから2週間で売却を完了させることができました。

結果として、M様は無事に会社の運営資金を確保することができ、奥様が気に入っていた自宅も手放さずに済みました。

現在は、将来的に自宅を買い戻すために事業に一層精を出して奮闘されています。

感想

従業員や取引先に迷惑をかけるわけにはいかなかったので、なんとか会社は存続させなければなりませんでした。しかし、銀行からの融資も受けられず、もう自宅を売るしかないかと思いましたが、妻が家を大変気に入っていたため、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。仕事は増えて売上はたつ見込みがあったので、何とかそれまでの資金を調達する方法はないかと思っていた時にリースバックという方法を知りました。資金ショートまで時間がなくギリギリのタイミングでしたが、迅速にご対応いただき何とか間に合うことができました。無事に会社を存続できたので、何としてでも会社を再建して将来買い戻したいと思います。

解説

会社の資金調達の方法としてもリースバックは有効です。もちろん金融機関からの融資が降りればそれに越したことはありませんが、ご存知の通り銀行は「晴れの日に傘を貸して、雨の日に傘を取り上げる」のが一般的ですので、業績が悪化して資金が枯渇している状態になってから融資を依頼しても手遅れな場合も多いでしょう。そんな時はリースバックも選択肢の1つとしてご検討ください。会社の資産や代表者の自宅などの不動産があれば、それを売却して資金調達することができます。もちろん、リースバックではその後その不動産を賃貸としてお貸ししますので、そのまま活用することができます。
相談事例をもっとみる
リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top