リースバック後のリフォームや建て替えについて

リースバックをご検討の方からよくいただく質問の一つが、リースバック後にリフォームや建て替えが可能かという点です。

リースバックでは一度自宅を売却していただくため、その不動産の所有者は第三者となります。

そのため、一般の賃貸と同様にリフォームや建て替えについては原則として購入者の許可が必要ですが、一般の賃貸とは異なる点もあります。

リフォームについて

一般の賃貸の場合、リフォームは軽微なものを除き賃借人(借りている方)の判断で勝手に行うことができません。

しかし、リースバックは元々所有していた方が、今後も長期にわたって住み続けるための制度ですので、クロス・床の張替や水回りの交換なども含めて、ほとんどの場合でリフォームが認められます。

ただし、間取の変更を伴うような大掛かりなリノベーションの場合は、建物の価値を既存する可能性がありますので、所有者の許可が必要となります。

ただし、一般の賃貸と異なり、リフォーム費用は自身で負担する必要があり、また一般の賃貸で認めらる造作買取請求権(借家人が建物に付け加えた造作を、借家契約終了時に、賃貸人に買取請求ができる権利)はありません。

耐震補強などの大掛かりな補修について

リースバックをして長期的に自宅に住み続けていくにあたって、耐震補強などの大掛かりな補修が必要になった場合は、その必要性に応じて賃借人の判断で行うことができます。(事前に届け出が必要です)

ただし、これも一般の賃貸とは異なり、原則ご自身での費用負担となります。

建て替えについて

リースバックで売却後の建物は買主(貸主)の所有物となりますので、原則として建て替えはできません。

ただし、ご自身の負担のものと現状よりも資産価値が向上するものに建て替える場合は、所有者と交渉のうえ許可を得られれば立て替えることができます。

 

※リフォーム等については契約時に定める特約によって条件や内容が変わりますので、契約時によく確認したり要望を伝えるようにしましょう。

 

リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top