リースバックをすると信用情報に傷が入る?

ごく稀にご質問いただくのが、「リースバックをしてしまうとブラックになるのか?」ということです。

俗にいうブラックというのは正式な用語ではありませんが、信用情報機関に自己記録が残ってしまうことを指し、ブラックになると今後の何らかの借入やローンを組むことが難しくなります。

リースバック自体は信用情報には無関係

結論から言うと、リースバックをすることによって信用情報に傷が入ることはありません。
リースバックはあくまでも不動産の売買契約と賃貸契約を同時に結ぶだけですので、信用情報とは無関係なのです。

しかし、注意が必要なのは住宅ローンが残っている自宅をリースバックする場合です。

リースバックに限らず、売却してもローンを全額返済できない状態(オーバーローン)で自宅を売却する場合は、任意売却での売却手続きが必要になりますが、この任意売却をするにあたって記録が信用情報機関に登録されます。

任意売却について詳しくはこちら>>

そのため、信用情報に傷をつけずにリースバックをするためには、住宅ローンの完済が前提となります。

なお、すでに住宅ローンの返済が滞ってしまっている方は、すでに信用情報に傷が入っている可能性が高いといます。

もしご不安であれば、ご相談者様の個別の状況に合わせて、信用情報に関するリスクやデメリットについても詳しくご説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。

リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top