リースバックにおける仲介と直接買取の違い

当社では、原則として自社での買取ではなく仲介という立場で依頼者様のニーズに合わせたリースバックをサポートさせていただいております。

※お急ぎの場合や当社が直接買い取るほうが条件が良い場合に限って、当社での直接買取をご提案させていただく場合もございます。

仲介と直接買取の違い

仲介(当社) 直接買取
売却金額 複数の業者や投資家に打診し、
最も高い金額を提示したところを紹介
できる限り安い金額で買い取ろうとする
家賃 複数の業者や投資家に打診し、
最も低い賃料を提示したところを紹介
できる限り高い賃料を設定しようとする
契約条件 依頼者様の立場で契約条件を吟味 自社に有利な内容で契約
仲介手数料 3%+6万円(売買金額が400万円以上の場合) 不要
事務手数料
その他費用
原則不要 3~5%かかることが多い

直接買主(貸主)へ売却すれば仲介手数料はかかりません。それが直接買い取りのメリットです。

しかし、ほとんどの場合、リースバック物件を直接買取する業者の場合には、「事務手数料」などの名目で仲介手数料相当の金額が諸費用として売買代金から差し引かれるため、実質的に手元に残る資金は同程度になります。

なおかつ、直接買い取りの場合は、買取業者は「できる限り安い金額で買いたい」あるいは「できる限り高い賃料で貸したい」と考えるため、売主(借主)との利益が相反します。

また、仲介業者を挟まないため、契約書も自社に有利な内容で作っていることがほとんどです。

費用負担を最小限に依頼者様の立場でトータルサポート

当社のリースバックは、依頼者様との利益が相反しないよう、仲介というかたちであくまでも依頼者様(売主兼借主)の立場に立ってサポートさせていただきます。

そのため、複数の買取業者や投資家に情報を公開し、「少しでも高い金額での買取」あるいは「少しでも家賃の低い家賃での賃貸」など、依頼者様の要望にできる限り応えられるようなご提案をさせていただいております。

仲介手数料をいただくかたちにはなりますが、その分「高い金額での売却」や「低い家賃での賃貸」あるいは「直接買取の場合に必要な事務手数料を無料」にしたりと、直接買取よりも依頼者様の負担が軽減されるような仕組みを構築しております。

リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top