リースバックでカードローンや消費者金融の借金を返済したH様

約300万円の借金で返済不能に → 借金を完済して月20万円以上も負担軽減

リースバック前の状況

自営業を営んでいたH様は、一時的に仕事が大きく減ってしまったことから、生活費のためにカードローンや消費者金融で借金をされていました。

その後、懸命に営業をした成果もあり仕事の量は戻ってきたそうですが、生活が苦しかったときに借入した借金の返済が重くのしかかりました。

金利が高く返しても返してもなかなか減らず、臨時出費や仕事が少なかった月などは返済のためにまた新たに借入をせざるを得なかったと言います。

そうしているうちに借金は減るどころかさらに膨れ上がっていき、毎月の返済額が25万円以上になってしまい、稼いでもほとんど返済に充てられて手元に残らない状況でした。

このままでは自己破産するしかなくなってしまう、そう考えたH様はリースバックで自宅を残したまま借金を返済できないかと当社にご相談いただきました。

 

当社のサポート内容と結果

当社にご相談いただいた時点で、カードローンや消費者金融などの計6社から約300万円もの借金がある状態でした。

早速リースバックの査定をした結果、売却価格750万円で家賃5万円という条件をご提示させていただきました。

H様にもご納得いただき、この条件で買い手を探したところ、幸いにもすぐに投資家が見つかりリースバックが成立しました。

結果として、H様は300万円の借金を売却代金で完済し、手元にも返済と諸費用を引いた残金約400万円が手元に残りました。

尚且つ、これまで月々25万円以上返済していたところを、リースバック後の賃料5万円だけとなり、月々の負担を20万円以上軽減することができました。

 

感想

働いても働いても借金が一向に減らず、むしろ増えていく一方でした。何をしていても頭から借金のことが消えなくて気持ち的にも疲弊していました。このままでは遅かれ早かれ自己破産しかないのかと思っていましたが、家族のことを考えるとどうしても家を売る気にはなりませんでした。 そんな時にリースバックのことを知って、これなら家族に迷惑を掛けずに借金を返せるのではと思い相談しました。手元に資金が残ったうえに家賃が思った以上に安く提案してくれたので、これまで収入の半分以上が借金の返済に消えていたのですが、これで生活がだいぶ楽になりました。 借金が無くなって気持ちがとても軽くなりましたし、とにかく家族に迷惑を掛けずにこの家に住み続けられて良かったです。(H様のインタビューはこちら>>)

解説

カードローンや消費者金融は金利が高いため、返済してもなかなか元金が減りません。一時的になら良いかもしれませんが、慢性的に借りるようになってしまうと借金がどんどん膨れ上がってしまいます。もし借金の額が大きくなってしまったり、毎月の返済が苦しいようであれば、リースバックも選択肢の1つとしてご検討いただければと思います。借金の返済額と比べて家賃を落とせたり、完済できれば手元に資金を残せる可能性もございます。借金が膨らんで取り返しがつかなくなってしまう前にまずはお気軽にご相談ください。
相談事例をもっとみる
リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top