リースバックした自宅を買い戻すときに住宅ローンは組める?

「リースバックをして将来買い戻したいが、その際に改めて住宅ローンが組めるのか?」

これはリースバックのご相談をいただいた際に高い頻度でいただく質問の1つです。

一般的に考えれば、自宅として不動産を買うので住宅ローンを組むことはできそうですが、実際のところは簡単ではありません。

一般的な銀行ではローンが通らない可能性も…

リースバックをした場合、自宅が賃貸に切り替わりますので、将来買い戻すときは「賃貸として住んでいる家を買うために住宅ローンを組む」というかたちになります。

これは決して珍しい話ではなく、通常であれば賃借人がその家を買いとる際に住宅ローンを組むことは可能です。
しかし、リースバックの買戻しの場合に問題になるのが「以前はその家の所有者であった」ということです。

不動産の所有権の移転はすべて登記簿に記録が残ります。
そして、住宅ローンを借りる場合はこの登記簿謄本の提出(あるいは銀行が自社で取得)が求められます。
そのため、以前にその人が所有していた不動産であることが銀行にも分かってしまうのです。

リースバックでの買い戻しというかたちは、まだまだ一般には浸透しておらず、今のところ多くの銀行でこのような特殊な不動産売買に対する住宅ローンの融資を認めていません。(銀行は基本的に前例がないことをやりたがりません)

一般の銀行でダメならノンバンク系の住宅ローンで対応

ノンバンクとは、銀行のような預金口座がない融資だけを行う金融機関のことで、あまり知られていませんがノンバンクも一部の会社では住宅ローンの取り扱いがあります。

ノンバンクの住宅ローンの特徴は、一般の銀行の住宅ローンの審査が借入する人の属性重視(収入や勤続年数等)なのに対し、ノンバンクは物件の担保価値を重視しであるという点です。

そのため、担保価値さえあれば他の点は銀行と比べて融通が利きやすく、リースバックの買い戻しのような特殊なケースでも柔軟に対応してくれるノンバンクもあるのです。

ただし、ノンバンクの住宅ローンは①金利が高い、②物件の担保評価が厳しい、などのデメリットもあるため、その点も踏まえて計画的に買い戻し資金の調達を準備する必要があります。

 

買戻しもお気軽にご相談ください

当社では、リースバックの買い戻しのための支援も行っております。
買戻しの資金調達の計画から買戻しの売買手続きまでサポートいたします。

また、必要であればリースバックの買い戻しに融資をしてくれる金融機関もご紹介しますので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top