リースバックした家を親族が買い戻すことはできる?

住宅ローンの支払いが厳しくなってしまったり、一時的に資金が必要になったためにリースバックを検討されている方からよくいただく質問の1つが、「将来的に子供や親といった親族に買い戻してもらうことはでくるか」ということです。

親族による買い戻しは可能

基本的にリースバック契約の当初に定めた買戻し価格で買い戻すのであれば、それは本人ではなく親族でも可能です。

ただし、リースバックを扱う会社によっては、契約書に「売買予約権(買戻しの権利)は第三者に譲渡することはできない」と明記する場合もあります。

ご自身ではなく親族が買い戻す可能性がある場合には、当初の契約時にその旨を伝えて、親族での買い戻しが可能である旨を契約書に定めておいたほうがより安全でしょう。

当社ではそのようなご要望がある場合は、リースバックの契約書にその旨を明記して将来のトラブルを回避し、確実にご親族に買戻していただけるように手配いたします。

買い戻しで住宅ローンが使えないケースに注意

親族による買い戻しを検討される場合、注意しなければならないのは買い戻しの際の住宅ローンです。

原則として不動産の親族間売買では住宅ローンが使えないケースがほとんどで、第三者を挟まずに直接親族が買い取るケースでは実質的に現金一括での購入しか方法がありません。

リースバックの場合、一度第三者が不動産を買い取って数年後に親族が買い戻すというかたちになりますが、間に第三者が入った場合でも金融機関が親族間売買とみなした場合は住宅ローンの審査が通らなくなります。

これは各金融機関によって基準が異なるうえ、状況によってもローン利用の可否が異なります。

将来親族が買い戻そうと思っていたのにローンが通らずに買い戻せなかったということがないよう、親族による買い戻しをご検討の方はリースバックの契約締結前に予めご相談ください。

経験豊富な専門家が依頼者様の状況や要望によって最適なご提案をさせていただきます。

リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top