リースバックした不動産を買い戻す際の費用

リースバックのメリットの1つは、将来的に資金に余裕ができたら買い戻すこともできるという点です。

通常この買い戻しについては、リースバックの契約をする際に条件を予め取り決めておきます。
例えば「賃貸契約の存続中は〇〇円でいつでも買い戻すことができる」といった取り決めです。

しかし、いざ買い戻すには再度売買契約を締結して所有権を移転する必要があるため、実際には買い戻しの代金以外にも税金等の諸費用が掛かります。

 

リースバックの買い戻しにかかる費用

買い戻し代金:当初の売却額の1.1~1.3倍が相場です。

登録免許税:所有権を移転するのにかかる税金です。
(物件の固定資産評価額によって異なる)

司法書士手数料:登記を依頼する司法書士の費用です。
(ローンを利用しない場合は5~10万円、ローンを利用する場合は10~15万円が相場です)

印紙税:買い戻しの売買契約書に添付する印紙です。
(売買代金が1,000万円未満で5,000円、1,000~5,000万円で10,000円、5000万円~1億円で3万円)

ローン保証料、手数料:ローンを利用して買い戻す場合は、銀行に支払う諸費用が必要です。
(ローンを利用せず現金購入の場合は不要)

事務手数料:買戻し条件に買戻し代金と別途事務手数料が規定されている場合があります。
(事務手数料が無料の場合もあり。ある場合の相場は買戻し価格の1~3%程度)

 

リースバックした不動産を買い戻すためには、買戻し代金以外にも上記のような税金や諸費用が掛かります。

買い戻しを検討されている方は、実際にいくら必要なのかオーナーや銀行などに見積もりを依頼し、早い段階から資金計画を立てておきましょう。

 

リースバック支援センター
年中無休
相談無料
土日もご相談受付中
0120-105-335
タップすると電話が掛かります
受付時間:朝7:00~夜23:00

些細なことでもお気軽に
ご相談ください。

問い合わせフォーム
  page top