「家を守りたい」あなたへ 負債の軽減も、生活再建もしっかりサポート。
「家を守りたい」あなたへ 負債の軽減も、生活再建もしっかりサポート。 「家を守りたい」あなたへ 負債の軽減も、生活再建もしっかりサポート。

売ってもそのまま住めるリースバックとは?

リースバックとは

リースバックとは自宅を一度売却し、
その後買主から賃貸として借りることで、売却後もそのまま住み続けられる
という仕組みです。

リースバックとは リースバックとは

いますぐ無料相談

お電話でもご相談ください 0120-928-366 受付時間:朝7:00~夜23:00 定休日:なし

当社が高額売却、低家賃を実現できるしくみ

当社が高額売却、低家賃を実現できるしくみ

当社が高額売却、低家賃を実現できるしくみ

  • 一回で簡単
  • 相場もわかる
  • 比較もできる

当社が高額売却低家賃を実現できるしくみ

「売却価格をより高く」「家賃をより安く」を目指し
お客様の立場に立って買い手と交渉します

「売却価格をより高く」
「家賃をより安く」を目指し
お客様の立場に立って
買い手と交渉します

選ばれる8つの理由

Point.1
提携弁護士による債務圧縮サポート

リースバックによるご自宅を売却後に住宅ローンの残債が残ってしまった場合、弁護士と提携して残った債務を法的に圧縮するためのサポートを行っております。
当社ではお客様の生活再建のサポートが使命であると考えておりますので売却して終わりではなく、売却後の負担軽減も最後まで支援いたします。

Point.2
銀行や債権者との調整もすべてお任せ

当社が銀行や各債権者との調整、抵当権・差押えの解除のための複雑な手続きもすべてサポートし、迅速なリースバックの成立を目指します。

Point.3
生活保護・障害年金など生活再建支援

お客様のリースバック後の生活がゆとりあるものになるために、債務の圧縮や負担の軽減だけでなく、生活保護や障害年金などの公的制度の活用をアドバイスさせていただきます。

Point.4
年500件の相談で蓄積したノウハウ

リースバックはお客様の状況により条件や手続きが異なります。当社では年間500件以上の相談実績から蓄積したノウハウを駆使してお客様を全力でサポートいたします。

Point.5
30社以上の提携先から最適解をご提案

当社では自社で買取を行う他のリースバック会社と異なり、提携している30社以上の投資家や不動産会社、リースバック専門のファンドへ買取を依頼しています。
複数の買取先を比較するため、お客様のご要望に合った条件をご提示しやすく、また買取が難しい物件でもリースバックを成立させられる可能性が上がります。
また直接買取の会社は「できる限り自社に有利な条件」で買い取ろうとするため依頼者様との利益が相反しますが、当社では仲介という立場で依頼者様の立場に立ってできる限りご要望に応えられるようなご提案をさせていただいております。

Point.6
業界平均3倍のリースバック成功率

リースバックを検討された方のうち、実際に条件が合い、リースバックが成立するのは業界平均で5%未満と言われています。
つまり、ほとんどの方はリースバックをしようと思っても、買取価格や賃料などの条件が合わずにリースバックを断念しているのです。
当社では、ご依頼いただいた方のうち約半数の方でリースバックを成立させており、業界平均の3倍を超える成功率を誇っております。

Point.7
お客様が不利にならないか契約内容をチェック

直接買取では、買い手に有利な契約内容になりがちです。例えば、更新がなく数年で退去を迫られる契約もあります。
そんなトラブルを避けるため当社が契約書をチェックいたします。

Point.8
事務手数料カットで仲介手数料が実質無料

当社では契約が成立した際に依頼者様から仲介手数料をいただきます。
一見直接買取のほうが仲介手数料がかからずお得に思えますが、実際にはほとんどのリースバック会社で事務手数料として売却代金の3~5%前後の諸経費を売却代金から差し引かれます。
そこで当社が仲介をする場合、買い手と交渉してこの事務手数料をカットしてもらいますので、当社が仲介手数料をいただいても依頼者様の負担はほとんど変わりません。

専門家のご紹介

小島寛司

弁護士

小島寛司(弁護士法人名古屋E&J法律事務所)

弁護士もサービス業であることを意識し、目の前のご相談者様の生活再建ために全力を尽くします。ぜひお気軽にご相談ください。

弁護士もサービス業であることを意識し、目の前のご相談者様の生活再建ために全力を尽くします。ぜひお気軽にご相談ください。
中原有思

司法書士

中原有思(司法書士なかはら法務事務所)

司法書士は権利保全の専門家です。住宅ローンや借金問題でお困りの方ひとりひとりに寄り添い、解決策を見つけるためのお手伝いをさせていただきます。

司法書士は権利保全の専門家です。住宅ローンや借金問題でお困りの方ひとりひとりに寄り添い、解決策を見つけるためのお手伝いをさせていただきます。

フジテレビ、TBSをはじめTV取材も多数いただいております

フジテレビ、TBSをはじめTV取材も多数いただいております

いますぐ無料相談

お電話でもご相談ください 0120-928-366 受付時間:朝7:00~夜23:00 定休日:なし

事例紹介

実際の活用イメージ

住宅ローンなどで毎月14万円の支払いがあり、貯金はなく生活が苦しい。 この家は残したいがローンが1200万円残っていて最後まで払えそうにない。 住宅ローンなどで毎月14万円の支払いがあり、貯金はなく生活が苦しい。 この家は残したいがローンが1200万円残っていて最後まで払えそうにない。

リースバック条件

  • 1700万円で自宅売却
  • 月々10万円で賃貸契約

1700万円で自宅を売却した場合の収支例(東京都・戸建て)

リースパック利用前とリースパック利用後の料金比較 リースパック利用前とリースパック利用後の料金比較

手元に500万円残り、
月々の負担も4万円

よくあるご質問

Q1.住宅ローンが残っていても利用できますか?

リースバックで売却価格が住宅ローンの残額を下回ってしまう場合には、債権者である金融機関との調整が必要となり、いわゆる任意売却となります。
この場合、売却価格は債権者である金融機関が指定してきますので、その指定額と投資家の希望する買取価格の折り合いがつくかという問題が出てきます。
当社は任意売却における豊富な実績と経験がございますので、諦めずにまずはご相談いただければと思います。

Q2.住宅ローンを滞納していてもリースバックできる?

住宅ローンをすでに滞納しまっている場合でもリースバック自体は可能です。
ただし、リースバックで「これまでよりも負担が軽減するのか?」「本当に家賃が支払っていけるのか?」という部分をよく検討しなければなりません。
当社では、将来的な収入や支出まで加味して、最善の解決策を提示させていただいております。
そのため、他社では断られてしまったという方のリースバックに成功したケースも多々ございます。

Q3.自己破産してもリースバックで家を守ることはできますか?

自己破産で自宅売却せざるを得ない場合も、リースバックを利用すればそのまま自宅に住むことができる場合もあります。
ただし債権者や破産管財人(破産者の財産処分を行う弁護士)の承諾が必要になりますので、まずはご相談ください。

Q4.賃貸の保証人は必要ですか?

原則、保証人は必要ありません。代わりに家賃保証会社との契約をお願いしております。

Q5.賃貸契約の期限がありますか?

お家賃をお支払いいただいてる限り何度でも更新できます。

Q6.リースバックのトラブルはどのように対応していますか?

①買い戻しの価格や条件についても、契約時に書面で明記してオーナーに確約してもらいます。

②当社では、定期借家契約書の特約または別紙で「再契約」の条項を必ずつけております。賃料の延滞がない限りは期間満了時に何度でも賃貸契約を再度締結できることを書面上で明記し、永続的にお住まいを続けられるようにしております。

③万が一、オーナーが破産等の理由により不動産を第三者に転売せざるを得なくなった場合に備えて、当社では「第三者に転売するときは必ず賃貸契約を同条件で承継させる」という趣旨の条文を契約書に盛り込みます。そのため、万が一転売されてしまったとしても、それまでの賃貸契約の条件がすべて新オーナーに引き継がれます。影響としては家賃の振込先が変更になる程度です。

④当社でリースバックの契約をさせていただく場合には、必ずお客様(賃借人)とオーナー(賃貸人)の双方に保険に加入していただきます。そのため、天災などで家が破損してしまった場合は、小規模な修繕であれば借主の「家財保険」で、大規模のものはオーナーの「火災・地震保険」で修繕費の捻出が可能です。

⑤家賃の変動については通常の賃貸契約と同じ考え方が適用されるため、例外的に以下のような事象が起きた場合には絶対に家賃が上がらないという保証をすることはできません。(可能性としては極めて低いと言えます)
【家賃が値上がりするケース】
・土地や建物の固定資産税などの税金の増額によって現在の家賃が不相当となった場合
・経済事情の変動で周辺の家賃相場が著しく上がり、現在の家賃が不相当となった場合

上記の点についてはしっかりと事前にご説明させていただきます。また、上記のような特殊な事情がないにもかかわらず、オーナーの都合で家賃の値上がりを要求されないよう契約書に盛り込みます。
なお、当社でこれまで扱ったリースバックにおいて、途中で家賃が上がった例は1件もありません。

お問い合わせ

必須
お名前(ニックネーム可)
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
ご住所(市区町村まででも可)
必須
対象不動産の住宅ローン・その他債務の有無

残債額

(概算で構いません)

必須
ご相談方法

※査定をご希望の方は必ずご住所の町名・番地までご記入ください

任意
ご相談内容 現在のご状況、お悩み事・質問事項などご自由にお書きください。
必須

下記の個人情報保護方針をご確認ください。

個人情報保護方針

ライフソレイユ株式会社(以下、当社)は、業務受託しているお客様の個人情報の保護が最も重要な責務の一つと認識し、個人情報保護に関する確約を徹底し、次のように取り扱います。

1.法令等の遵守(コンプライアンス尊重)
当社は、個人情報保護法の機密保護の基準に従って、常にお客様の情報を厳格に管理し、個人情報を守ります。

2.適正な取得、利用目的
個人情報の取得は、適正な手段により行うとともに、利用目的の公表、通知、明示等を行います。
また、お客様の同意なく、利用目的の範囲を超えて個人情報を利用いたしません。

3.利用目的
次の各活動およびこれらに付帯する事業に伴う営業活動、契約の履行、情報およびサービスの提供に利用いたします。
・不動産の売買・賃貸事業、それらの代理・媒介、管理等の取引
・保険代理事業
・お客様動向分析等の社内調査分析
上記目的のために必要な範囲で個人情報を第三者に提供する場合や法令に基づく場合のほかは、お客様の同意を得た上で利用いたします。

4.職員の教育、監督
お客様の情報の適切な取り扱いに関する教育を行い、当社から権限を与えられた職員だけがその情報にアクセスできます。
当社の個人情報保護に関する確約に違反した職員は、定められた処分に処されます。

5.公表・開示
お客様の指示または承認を得ている場合、または法律により必要とされる場合を除いて、お客様の情報を他の組織・団体に公表することはいたしません。

6.業務委託
個人情報について、業務に必要な範囲内でその取扱いを外部に委託する場合があります。当社が業務を外部に委託する場合には、必ずお客様の事前承諾を得ることをお約束いたします。
その場合は、個人情報の保護に十分な措置を講じている者を選定し、委託先に対し、必要かつ適切な監督を行います。

7.個人情報の加工
当社は、いただいた情報をお客様の許可なしに独自に変えることはありません。

8.連絡窓口
ライフソレイユ株式会社 本社
名古屋市中区丸の内2丁目18-22三博ビル7F
TEL:052-231-1380

免責事項
本ウェブサイトにおいて提供する情報等について、万全は期しておりますが、その内容についての全てを保証するものではありません。
従いまして、本ウェブサイトの情報をご利用になられたことによって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いません。
また本ウェブサイトでは、わかりやすく説明するため、正式な法律用語を使用せず、平易な語を使用している場合があります。
なお、当社はあらゆる法律を遵守する所存でおりますが、誤字脱字等で誤解を招くような表現がございましたら、ご連絡頂きたく存じます。すぐに修正させて頂きます。